情報提供:光が丘地区自治会
2016.10.09

【光が丘地区】「スケアードストレート in 光が丘」の開催!

あいにく雨になった10月9日(日)光が丘交通事故対策委員会は、スタントマンによる衝突事故を再現した「スケアードストレートin光が丘」を開催した。




雨によりやむなく体育館内の開催となったが、会は「自転車事故の現状や信号機のない交差点における一時不停止による事故」などのビデオ鑑賞、相模原警察署・高木部長による「自転車安全利用の五原則や自転車事故現場の実例」の講話が行われました。

そして、スタントマンによる迫力のある自転車の衝突事故の再現が行われました。

一通りの学習と体験が終わったことで、自転車にかかわる「道路標識クイズ」が行われ、皆さんしっかりと学ばれたと思われます。

終盤を迎えた12時近くには雨も上がり、グランドに出て、自動車と自転車の衝突事故の再現実演を実施し、正午過ぎに終了しました。